大機大用(だいきだいよう)

生きていれば、これだ!という大きなチャンスが訪れてきます。このチャンスをどう活かすかで、大きな飛躍になるのか、何も結果を残せず、いつもと変わらない日々を過ごすのかが決まってきます。

これを表した禅語が、大機大用です。

「機」はチャンスの事、つまり大機とは大きなチャンスのことを言います。そして大用とは、このチャンスをどう活かすかといった意味を持っています。

目の前に大きなチャンスが表れたとき、何も迷わず大きく動くことができれば、今の自分よりも大きく成長することができます。

対して、大きなチャンスを目の前に、躊躇しためらっていては、目の前にあるチャンスを逃してしまい、結果何も変わらない人生を送ることとなってしまいます。

このチャンスをどう活かすことができるかも、実力であり、大きなチャンスを掴むことができるのもまた実力です。

チャンスを待たずして、先走った行動をとってしまえば、その行動は失敗に終わってしまいますし、しっかりとした計画を立てていたとしても、それを実行するためのチャンスを掴むことができなければ、その計画も失敗に終わってしまいます。

まずは意志をしっかりと持ち、大きなチャンスを掴み取る。チャンスを掴み取ることができれば、大きく行動にでる。

それが自分を飛躍させる為の鉄則です。

世の中で成功者と呼ばれている人達のほとんどが、チャンスを勝ち取り、大胆な行動でそのチャンスをものにしてきています。

大胆な行動に出るというのはとても大切で、無駄に余計なことを考えてしまい、ためらって行動に起こすのが遅くなってしまうとチャンスを逃してしまうことになることがほとんどです。

悩む必要はありません。それがチャンスだとわかったのであれば、何も迷わず行動を起こすべきです。

大きく行動を起こして、失うものなどなにもありません。例えそれが失敗に終わったとしても、いつもの日常に戻るだけで、失敗した経験というものは次に繋げることができます。

そして成功することができれば、現状よりも大きく成長することができるでしょう。

行動を起こして失うものは何もなく、その先には結果がどうであれ、何かしら得られるものがあるのです。

何も行動を起こさなければ、何も得られるものはなく、チャンスを無駄にしたという、罪悪感だけが、自分の中でいつまでも残り続けます。

それが続いてしまえば、やがて自分はダメな人間だとか、何もすることができないといった、自己嫌悪に繋がってしまいます。

行動を起こさなければ何も得られるものはなくとも、今の現状は何も変わらないと思い込んでいる人が多いですが、自分の中で気づかないうちに失ってしまっているものは少なくありません。

まずはしっかりと大きなチャンスを勝ち取るための準備を、そしてそのチャンスが表れた時は、そのチャンスを最大限活かせるような行動を。

チャンスを上手く操ることができれば、あなた自身は大きく飛躍していくことでしょう。